岐阜医療課大学

薬学部|薬学科|(設置認可申請中)

オープンキャンパス

資料請求はこちら

HOME本学の特徴

本学の特徴FEATURES

この内容は予定であり、
変更する場合があります。

本学では、薬剤師として必要となる専門的な知識
と技術、態度を身に付けられるだけではなく、
医療総合大学だからこそ他学科の学生との交流も
多く、
他の医療系学科の専門性を理解する学際性と
豊かな人間性を育むことができます。

  • 設置学部 薬学部 薬学科
    6年制
  • 学生定員 入学定員100
    収容定員600
  • 取得できる資格 薬剤師
    (国家試験受験資格)

講義・実習・演習

薬学専門基礎分野や専門科目分野を構成する各系統別の科目については、それぞれの学内実習を組み合わせ、知識と技術の相互から理解を深めます。さらに、それぞれの演習を設け、理解が困難な点を明らかにするための確認試験や少人数でのディスカッションを行って、確実な能力を身に付けます。

チーム医療教育

医療総合大学としての利点を活かし、薬学科、臨床検査学科、放射線技術学科、看護学科の各専任教員がオムニバスで講義を行う「チーム医療論」や各専門領域の教員による講義、各学科の学生が合同でスモールグループディスカションにより症例検討などを行う「チーム医療演習」などを行って、チーム医療を実践的に学べます。

研究

講義・実習・演習により薬学専門知識や技術を修得する一方、さらに深い専門性や研究する態度、創造力、倫理感などを身に付けるため4年次から特別研究(卒業研究)を行います。3年次に、配属先の研究室を決定して、4~6年次にかけ、文献講読や研究テーマに関する実験等を行って、卒業論文としてまとめます。

地域医療教育

在宅医療等に精通している看護学部の教員から地域医療活動について学び、地域における薬剤師の役割について理解を深めます。また、患者さま・生活者本位の視点と在宅での保健・医療における実践的能力を演習により養います。さらに、地域の外国人の健康や保健課題等に対応できるよう、英語及びポルトガル語での応対方法を含め地域での健康サポートの在り方や実践方法などを学びます。

コミュニケーション教育

患者さまと直接向き合う薬剤師にとってコミュニーケーション能力は非常に重要です。このため、医療現場を想定した専門的なコミュニケーション教育を行うと共に、基礎的な能力の向上を目指し、劇団文学座と協調してコミュニケーション・ワークショップを活用した科目を展開して、基礎と専門の双方向から能力向上を目指します。

安心のサポート

クラス担任制
1学年を2クラスに編成し、各クラスに複数名の教員が担任となり、適宜面談をしながら学生の様子や成績を把握し、適切なアドバイスを行います。
保護者懇談会
2年次、4年次、6年次に学生、保護者、担任を交えて懇談会を実施します。他学科では、90%以上の保護者が参加するほど、好評を得ています。
教育支援センターによる手厚いフォロー
入学直後に行う基礎学力テストの結果に基づき、1年次から化学や物理、生物系の基礎学力向上に加え、6年次の国家試験対策もバックアップします。
現場見学・講演による動機づけ
医療現場を見学する機会や、現場で活躍されている薬剤師を招いての講演など、薬剤師になるための動機づけを行います。
心の専門家によるメンタルケア
学業や学生生活、対人関係など様々な悩みに対して相談ができるよう、心の専門家が学生相談に応じています。