岐阜医療課大学

薬学部|薬学科

資料請求はこちら

HOME入試案内

入試案内admission GUIDE

アドミッション・ポリシー

建学の精神
優れた技術は、人に幸福をもたらし、誤れる技術は、人に災いをもたらす。技術は人が造るなり、故に技術者たる前によき人間たれ。
本学の目的
本学は、教育基本法及び学校教育法に基づき、人間の尊重を基本として、豊かな人間性の涵養と保健医療に関する科学分野の教育研究を行い、学術文化の向上に寄与するとともに、地域社会において広く活躍できる人材を育成することを目的としています。
本学の教育目的
本学は、「建学の精神」ならびに「本学の目的」に示されている、人間性豊かで高度な専門能力を有する医療従事者を育成するため、「人間性」に加え、グローバル化する社会の中で国際的な医療人として活躍するために必要なコミュニケーション能力や、外国語の文献・資料を読解するための「国際性」、チーム医療の場で多職種連携を円滑に進める「学際性」を育むことを「教育目的」としています。
薬学部の教育目的
  • 1.地域医療に貢献する医療人の一員として、保健医療の現場で主体的に活躍できる薬剤師を育成する。
  • 2.高い倫理観と専門性並びに国際感覚を身につけ、社会の多様な役割を果たすことができる薬剤師を育成する。
  • 3.医療・薬物療法の進歩に応じた薬剤師機能の多様化に積極的に対応し、チーム医療の一員として高い技術とコミュニケーション能力を発揮できる薬剤師を育成する。
薬学部の受入れ方針
本学は、学園の建学の精神を基盤として、「人間性」「国際性」「学際性」を有し、高度な専門能力を備えた医療人を育成することを「教育目的」として、全学のディプロマ・ポリシーを定めています。これを達成するために、各学部の教育目的、ディプロマ・ポリシーならびにカリキュラム・ポリシーを定め、更に入学者の選抜について受入れ方針を定めています。
薬学部の求める学生像
本学ならびに、薬学部の教育目的を達成するため、次のような学生を求める。
  • ①薬学を学ぶために、入学後の学修に必要となる基礎学力を有する人。(知識・理解)
  • ②自分の意見をわかりやすく伝え、社会や人と積極的に関わることに関心がある人。(思考、表現)
  • ③薬学に深い関心を持ち、薬剤師として社会に貢献するために薬剤師の資格取得を目指す人。(関心、意欲)
募集方法
上記のような学生を選抜するために、次のような入学試験を実施します。
  • ①学校推薦入学試験(指定校制・公募制)
  • ②自己推薦入学試験
  • ③一般入学試験(前期日程・前期日程P方式・後期日程)
  • ④センター試験利用入学試験(前期日程・中期日程・後期日程)
募集定員の内訳
募集人員 入学定員 募集人員
学校推薦入学試験
(指定校制・公募制)
自己推薦入学試験 一般入学試験 センター試験利用入学試験
前期日程 前期日程P方式 後期日程 前期日程 中期日程 後期日程
薬学科 100名 20名 注1) 40名 注2) 10名 20名 7名 3名
  • 注1)学校推薦入学試験(指定校制) ・(公募制)・自己推薦入学試験を合わせた人数です。
  • 注2)一般入学試験(前期日程) ・(前期日程P方式)を合わせた人数です。

各試験の概要

自己推薦入学試験(他大学との併願可)

①受入れ方針
本学のアドミッション・ポリシーに掲げる教育目的及び求める学生像をよく理解し、薬学への興味及び卒業後、医療に貢献する意欲のある志願者に対して、小論文だけではなく、面接を通して入学の適性を判定する。
②出願要件
学生募集要項に記載している出願資格を満たす者
③選抜方法
提出書類の審査・小論文試験(基礎学力を問う問題含む)・面接により総合的に適性・能力等を判定し選抜する。
提出書類
審査
調査書・自己推薦書により総合的に評価する。
調査書は、評定平均、志望学科で重視する科目(化学)の評価、出欠状況(欠席の理由は明確かどうか)、学習における特徴、行動における特徴、特技、課外活動、ボランティア活動、取得資格・検定、総合的学習の内容等を3〜4項目に分類、段階評価し、点数化する。
小論文 【試験時間90分】
基礎学力を問う問題及び作文問題で評価する。
〔課される科目及び出題範囲〕
必須:化学基礎、英語(コミュニケーション英語Ⅰ)、数学(数Ⅰ・数A)、作文(与えられたテーマに400文字で作文する)
撰択:物理基礎、生物基礎から当日1科目撰択
面接
(面接時間 約15~20分)
【午後】
志望動機、意欲、目的意識、コミュニケーション能力、言葉遣い、態度、身だしなみ、服装等3〜4項目に分類、それぞれ段階評価し、点数化する。
複数の面接官で受験生1〜3名ずつ面接する。(全体の受験者数に応じて人数を決定する。)
④試験時間
区分 時間
小論文 10:00~11:30
面接 12:30~
⑤試験地
本学(可児キャンパス)
⑥出願期間・試験日等
出願期間(必着) 試験日 合格発表日
2019年11月20日(水)~
12月5日(木)
2019年12月8日(日) 2019年12月13日(金)
⑦入学手続期限等
入学金
納入期限
学費等
納入期限
入学書類
提出期限(必着)
2019年12月19日(木) 2020年3月11日(水) 2020年3月11日(水)

学納金

薬学部 学費等納入金 1年次

入学金 200,000円
授業料 1,000,000円
教育充実費 ※1 950,000円
教育後援会費 ※2 82,000円
学生自治会費 ※2 30,000円
合 計 2,262,000円
  • ※1は、実験実習費が含まれていますので、別途徴収することはありません。
  • ※2は、委託徴収会費6年分です。
     <委託徴収会費内訳>
     ●教育後援会費 入会金10,000円・年会費12,000円×6年分
     ●学生自治会費 年会費5,000円×6年分
  • ※上記以外に、実習着・シューズ・教科書などの費用がかかります。

薬学部 学費等納入金 2年次以降

授業料 1,000,000円
教育充実費 ※1 950,000円
合 計 1,950,000円
  • 上記以外に、教科書、薬学共用試験及び国家試験の模擬試験等の試験対策などの費用がかかります。