岐阜医療課大学

薬学部|薬学科

資料請求はこちら

HOME薬学部の学び

薬学部の学びLEARN

カリキュラム紹介

薬学教育においては、文部科学省より「薬学教育モデル・コアカリキュラム」が示されています。
本学では、これに準拠した教育内容を基本とし、その上に本学独自の教育課程を設定して、チーム医療や地域医療に精通し、コミュニケーション能力や自主性に優れた薬剤師を育成します。

カリキュラム体系図

分野 1年次 2年次 3年次 4年次 5年次 6年次
薬学準備科目 自然科学/社会・人文科学/外国語      
薬学基本科目 基本事項     基本事項   薬学と社会
薬学と社会  
薬学専門基礎科目 薬学基礎(物理) 講義・実習・演習      
薬学基礎(化学) 講義・実習・演習      
薬学基礎(生物) 講義・実習・演習      
薬学専門科目  
衛生薬学(講義・実習・演習)
医療薬学(講義・実習・演習)CBT OSCE
  衛生薬学
    医療薬学
 
薬学臨床(講義・実習・演習)薬局・病院実務実習
      特別研究(卒業研究)

6年間の学びの流れ

1年次

薬学を学ぶ上で基礎となる自然科学系科目、社会・人文科学系科目、外国語科目などを学びます。
また、医学概論や薬学概論、倫理学などの薬学の基本科目及び物理系、化学系、生物系の専門基礎科目を学びます。
さらに、早期体験学習を行って、薬剤師へのモチベーションを高める動機づけを行います。

2年次

薬学の基本的な科学力を高めるために、物理系、化学系、生物系の専門基礎科目について、
より専門的な講義、実習、演習からなる授業科目を履修します。また、薬理学などの専門科目の履修を開始します。
さらに、「地域診療薬学」などを履修して地域における薬剤師についての見識を深めます。

3年次

衛生薬学系、医療薬学系の講義、実習、演習からなる薬学専門科目の授業科目を履修して、薬学の専門性を高めます。
また、患者さまのからだの情報の収集や薬物療法の実践からなる臨床薬学系科目、放射線技術や臨床検査などの
他学科教員による専門教育などを行って、臨床能力を強化していきます。

4年次

3年次に引き続き、衛生薬学系、医療薬学系の講義、実習、演習からなる薬学専門科目の授業科目を履修します。
臨床薬学系の分野においては、5年次に行う病院・薬局実務実習を効果的に進めるためのプレ教育を行うと共に、
この実習を行うために必要な薬学共用試験(CBT、OSCE)の合格を目指します。また、特別研究(卒業研究)も開始します。

5年次

病院11週間、薬局11週間にわたる病院・薬局実務実習を行って、それまでに学んできた知識・技能・態度を基に、臨床現場での実践的な臨床対応能力を身に付けます。実習は、実習先の実習指導薬剤師と本学の担当指導教員が密接な連携をとって行います。一方、実習の合間には、特別研究(卒業研究)を担当教員の指導の下に進めていきます。

6年次

6年間の薬学教育の総括として各分野の系統別の総合薬学特論を行って、最新の薬物療法や臨床試験に
必要な知識を学び、それぞれの科目の総合的な理解を深め、薬剤師としての実践的能力を身に付けます。
また、特別研究(卒業研究)のまとめと発表を行って、基本的な科学力、研究能力、プレゼンテーション力を高めます。

実習指導体制

実習施設指導者との
丁寧な連携体制

施設側の実習指導は、資格を持つ実習指導薬剤師(責任薬剤師含む)が、本学実習指導担当教員と連携して学生一人一人の状況に応じて行います。また、本学教員が施設巡回を行って実習状況を確認し、アドバイスを行うなど、きめ細かに実習をサポートします。

臨床薬学教育センター
(仮称)による
きめ細かな実習サポート

臨床薬学教育センター(仮称)を設置し、病院・薬局実務実習や早期体験学習などの施設側との調整や実習内容等の協議を行います。また、実務実習プレ教育、実習ガイダンス、実習施設との連携調整会議等を開催して、実習に向けた学生支援を行います。

実務実習指導・
管理システムによる
充実した実習指導

実習内容は、段階に応じて必要な達成項目が明示されており、実務実習指導・管理システムを通して、学生本人、施設側実習指導者、本学実習指導担当教員がその達成具合を共有して、未達成項目の履修指導を行います。また、実習日報、週報も共有されて、本学実習指導担当教員が適宜アドバイスを行います。

実習中の指導の流れ

カリキュラム

区分 分野 科目名
薬学準備科目分野 自然科学 化学/物理学/生物学/数学/情報処理/統計学/薬学基礎実習
社会・人文科学 アカデミック基礎セミナー/アカデミック技法/コミュニケーション・ワークショップ演習Ⅰ・Ⅱ
ボランティア技法/社会慣習・マナー技法/手話技法/心理学
社会学/教育学/経済学/法学
健康スポーツ実技
外国語 基礎英語/英語Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/英会話Ⅰ/英会話Ⅱ/ポルトガル語
ドイツ語/韓国語/中国語
薬学基本科目分野 基本事項 医療コミュニケーションⅠ・Ⅱ/薬学概論/薬学入門/医学概論/チーム医療論/倫理学/生命倫理学
薬学と社会 薬学基礎セミナー/地域診療薬学/医療経済・制度論/薬事関係法規Ⅰ・Ⅱ/実践社会薬学/薬局経営論
薬学専門基礎科目分野 薬学基礎(物理) 物理化学Ⅰ・Ⅱ/物理系実習/物理系薬学演習/分析化学Ⅰ・Ⅱ/機器分析化学
薬学基礎(化学) 無機化学/有機化学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ/化学系実習/化学系薬学演習/生薬学/生薬学実習/生薬学演習/
薬用植物学/有機構造解析学/天然物薬品化学/生体有機化学
薬学基礎(生物) 機能形態学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/生化学Ⅰ・Ⅱ/微生物学Ⅰ・Ⅱ/免疫学Ⅰ・Ⅱ/分子生物学/細胞生物学/
生物系実習/生物系薬学演習
薬学専門科目分野 衛生薬学 公衆衛生学/食品化学と健康/衛生化学Ⅰ・Ⅱ/衛生系実習/衛生系薬学演習/サプリメント概論
医療薬学 薬理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ/薬理系実習/薬理系薬学演習/薬物動態学Ⅰ・Ⅱ/薬物動態学実習/薬物動態学演習/
感染症治療学Ⅰ・Ⅱ/放射線検査医学総論/臨床検査医学総論/病態薬物治療学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ/
病態薬物治療学演習/製剤学Ⅰ・Ⅱ/セルフメディケーション論/臨床統計解析学/医療品情報学/
医療情報系薬学演習/漢方薬学/漢方の基礎/悪性腫瘍治療学/臨床薬剤学/病態情報解析学
地域健康サポート演習/処方解析演習/医薬品副作用学/症候学/創薬化学特論/医薬品開発概論
香粧品学/鍼灸治療論
薬学臨床 早期体験学習/救急処置法/フィジカルアセスメント論/フィジカルアセスメント演習/
実務実習プレ教育Ⅰ・Ⅱ/在宅・地域医療薬学演習/薬局実務実習/病院実務実習/臨床薬学演習/
チーム医療演習/総合薬学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ/災害薬学
薬学研究 特別研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

注・※:選択科目

カリキュラムピックアップ

アカデミック基礎セミナー

学生が地域にある問題からテーマを選び、それらの情報を自ら集めて、スモールグループディスカションで討議を行い、解決方法や地域に有用な活動などを発表することで、プレゼンテーションスキルを身に付けます。

コミュニケーション・
ワークショップ演習Ⅰ・Ⅱ

劇団文学座と協調して、演劇手法を活用するワークショップ演習によりコミュニケーション能力を高めます。相手との距離感を埋めることをテーマとして他者に対する集中力と自分を解放するスキルを演習し、さらに在宅医療に関わる薬剤師の在り方について演劇を通して体得します。

薬理学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

生体の機能調節にかかわる仕組みを把握し、薬物の作用点を理解します。生体内情報伝達分子に対する受容体と細胞内情報伝達経路を把握した上で、中枢神経系、循環器系、泌尿器系、呼吸系、消化器系の構築や役割を理解して薬物の薬理作用を理解します。さらに、炎症および免疫の役割、血液細胞とその役割を理解し、関連する疾患に用いられる薬物の薬理作用を学びます。

病態情報解析学

臨床検査データを踏まえ薬剤師としての臨床指導が行えるよう学習します。臨床症状が少ない状況で、臨床検査値をもとに症例の病態を推定するRCPC(Reversed Clinico-Pathological Conference)の手法を生体系統別に学び、病態に適合する医薬品(治療薬)が選択できるようにします。

在宅・地域診療薬学演習

在宅・地域に貢献できる薬剤師として、臨床の現場で看護師等の医療スタッフと協働して活躍できるように、実際に起こり得る状況を想定して5つのケーススタディから学びます。また、本学所在地である岐阜県の現場で起こっている在宅・地域医療の実際について看護師から学び、看護師が薬剤師に望む医療と薬の関わり方について討論します。

チーム医療演習

本学の特性を活かし、薬学科、臨床検査学科、
放射線技術学科、看護学科の4学科の学生が一堂に会し、小グループに分かれてスモールグループディスカションを行います。2つの症例を討議のテーマとし、各専門分野の立場から検討を行って、チーム医療の実践能力を高めます。